出版案内
福祉事業団
47NEWS

File Not Found.
該当ページが見つかりません。URLをご確認下さい。


お知らせ

政治・社会

くまモン特別機、大空へ
ソラシドが地震復興支援

20160726000027

 熊本地震の復興を支援しようと、ソラシドエア(宮崎市)は26日、熊本県のPRキャラクター..... [ 記事へ ]

スポーツ

京都マラソン定員拡大で参加募集中 駅伝発祥100年記念

20160726000029

 京都マラソン実行委員会は、来年2月19日に開催する「京都マラソン2017」の参加者を募..... [ 記事へ ]

経済

孫氏、アーム買収で雇用方針説明
英首相と会談

20160726000008

 【ロンドン共同】ソフトバンクグループの孫正義社長は25日、英国のメイ首相とロンドンで会..... [ 記事へ ]

観光・社寺

文化都市京都の創生提言 「日本人の忘れもの」知恵会議

20160725000147

 京都から、次世代に伝えるべき文化を考える京都新聞のキャンペーン「日本人の忘れもの」知恵..... [ 記事へ ]

教育・大学

自由研究どうすればいい? 京都4施設の職員に相談

20160724000061

 京都市動物園、府立植物園、京都水族館、市青少年科学センターによる「夏休みの宿題いきもの..... [ 記事へ ]

環境・科学

希少トカゲ、違法に日本で売買か
マレーシアが取引禁止提案

20160725000023

 マレーシアとインドネシアのボルネオ島(カリマンタン島)だけに生息する希少な爬虫類「ボル..... [ 記事へ ]

社説2016年07月26日掲載

人権への配慮とは言うが、あまりに無責任な態度ではないか。国際オリンピック委員会(IOC)は緊急理事会で、国ぐるみでドーピング(禁止薬物の使用)に関わっていたロシアの扱いを協議し、リオデジャネイロ五輪で全面排除はしないことを決めた。厳しい条件を付け、ロシア選手の出場の可否は各競技を統括する国際連盟(IF)の判断に委ねた。公平公正はスポーツの根幹である。五輪を主催するIOCが毅然(きぜん)とした態度.. 続きを見る

凡語2016年07月26日掲載

健常者の五輪、障害者のパラリンピックに続いて今年、サイボーグの五輪と呼ばれる大会があるのをご存じだろうか。10月にスイスで開かれる第1回サイバスロンだ▼まるでロボットのような最新鋭の義手義足をつけた障害者アスリートがレースに挑み、速さや技を競う。パラリンピックとの違いは義肢をコンピューターや脳波で制御する点で、全6種目中4種目に日本の大学ベンチャーなど3チームが出るそうだ▼磨かれた障害者の競技力と.. 続きを見る